ホーム

TAJIRI Official Website


20150304_WvwUmCRt

【国家試験合格…先週まで3年間学生やってました】

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2015年3月30日 7:50 PM
  • W-1

20150324_163735

三年前の冬、まだSMASHをプロデュースしていた頃。一人フラリとトルコへ試合にいきました。で、帰国後。左腕の肘関節が凝り固まって、なぜかまったく動かない。医者にかかっても「原因が特定できないので、とりあえず様子を見てください」とサジ投げ状態。で、ある縁で、ある医術の治療を受けることになったんです。もうそれこそ何かの縁で、生まれて初めて、その医術での治療を受けました。すると翌日かなり治って、翌々日にはほぼ全快。その医術とオレの身体の相性も良かったのでしょうが、あまりに効くのでそれはもうスッカリ感激してしまいまして。で、こう思い立ったんです。

「オレも、この医術を身に付けたい」と。

時はSMASHの末期、WNCを立ち上げる直前。オレは春のWNC旗揚げと同時に、その医術の学校へ通うことを衝動的に決めてしまいました。どの学校へ入るかはその道のプロに相談し、高田馬場の某校をチョイス。その学校は授業内容が厳しいことで有名らしく、カラテで言えばまだ大山道場の残り香漂う極真会館草創期のような、とにかく厳しいと評判の学校「だからこそいいんだよ」と薦められ…といえばイメージしやすいでしょうか(余計しにくい?)。

入学試験に合格し、春からはプロレスラーとプロデューサーに学生という、三足の草鞋を履く生活が決まりました。大変そうですが、逆に時間を効率的に活かせるようになれるはずという楽しみもありましたし、未知の世界に触れることへの興味の前には、そういう不安を寄せ付けない体質なんですね、オレ。さあ、三年間の学校生活の始まりです。

授業は月曜日から金曜日までの朝9時より正午過ぎまで。新宿フェイスや後楽園でショーを開催する日は午後からの準備だし、地方へ行く場合もたいてい週末なので問題はないはず、でしたが…。

入学して一週間。オレは、早くも辞めたくなってしまいました。眠いんです。とにかく眠い!朝9時からの授業へ出席するためには八王子の自宅を6時半に出なくてはならず、起きるのは6時前。それまでSMASHのプロデュース作業は夜中にこなし昼まで寝てるという生活を送っていたから、朝が辛くて仕方がない。それでも人間、どんな環境にも必ず慣れるようにできていて、そのうちなんとかなってくる。しかし、想像以上に勉強も大変でした。医術系の学問はいずれもそうだと思うのですが、解剖学や生理学に病理学のような基礎的課目から、神経生理学やリハビリ学に関係法規のような詳しい専門分野まで。一年間で10以上の課目の期末テストや小テストに次々パスしなくてはなりません。

電車の中では睡魔を噛み殺して教科書を読み、試合がある日も朝6時に起き学校へ向かい、授業を受け、終わると会場へ行きショーをこなし、翌日も普通に学校へ行く生活だったこの3年間。特に大変だったのはWNC旗揚げ当初と、WNCとREINAの2団体をプロデュースしていた時期。特にREINA時代は2倍に増えた裏方業務に忙殺され、大会プランニング、ブッキング、広告物や映像物作成、営業、サイト作業、新人の指導…などなど。それこそ会社に泊まり込み寝ずに業務をこなし、そのまま学校へいくなんていう離れワザな日もありました。なにしろ3回遅刻で欠席1日換算。欠席が多いと落第してしまうため、たやすくは休めません。WRESTLE-1に移籍してからはシリーズ開幕地方大会がたいてい週末金曜日に入っていたので、授業を終えてから自腹で新幹線に乗り込み、時間ぎりぎりに会場へ到着するという綱渡りの連続も。

入学時には30人いたクラスメートが一人減り二人減り…3年生が終わる頃には、18人しか残っていませんでした。

そうして昨年末。卒業認定テストをパスし、国家試験受験資格を得ました。さらに先月。いよいよ国家試験。今年度より問題傾向が大幅に変わりかなりとまどいましたが、めでたく合格。先日卒業式も終え、無事に3年間を駆け抜けることができました。

そうして3年間勉強し続けていくうち、オレの中で、ある信念が確立されていったんですね。「この医術で、海外へ出る」と。若いうちはプロレスで海外へ出ました。で、今度はまた違う方法で、違う道で海外へ出るのだと。そう考え始めると、すべてがしっくりきたんです。もともといつか、それこそうちのチビが大きくなる頃には再び海外へ出たいと常に考えてきました。しかし、その頃もう若くはない自分が、いったい何の道で海外へ出るのだろう?と。それは、頭の中を常にグルグルとかけめぐる自己問答でもありました。そうしてある日、フと思い当たったんです。そうだ、この医術じゃないのか。オレはそのためにこの医術と出会ったんじゃないのか。オレの人生の次の使命は、この医術で海外へ出ることなんじゃないのか、と。そんな信念、あるいは勝手な思い込みが日々前向きに蓄積されてゆくと、人生に現実的な変化をもたらす強大なエネルギーとなります。

春からはプロレスと並行し、ある先人の元でこの医術を本格的に修行させていただきます。そうして、まずはその前に…以前から気になっている、太平洋に浮かぶある南の島国へいってきます。その国には医療がほとんどなく…って、ここから先は、いまオレの頭の中に描かれている未来計画が、だんだん現実化し始めたときにでも。さあ、春が来る!

My next life mission.

  • 投稿者: TAJIRI
  • 7:37 PM
  • W-1

20150324_163735

In the winter of 2011, while I was still working as the head producer for SMASH wrestling, I went to Turkey to wrestle.

When I came back to Japan, the joint in my left elbow stiffened and locked up. I couldn’t move my arm at all. When I went to the doctors to see what was wrong, the doctor said “it’s hard to know specifically what’s wrong, let’s see how it heals on its own”. I tried so many things to heal the injury, but to no avail. I had given up hope.

Then, by a twist of fate, I was able to undergo a different form of treatment that, for the first time in my life, fixed the problem. I discovered acupuncture. The day after this new treatment, my arm was almost better. A few days later, I was able to make a complete recovery.

Although my body was no doubt compatible with acupuncture, I was so impressed that I said to myself, “I want to be able to treat people, and heal them like I was healed”.

Around this time, SMASH had since folded and we were waiting for the new wrestling company WNC to start. When WNC had its first show in the spring of 2012, at the same time, I enrolled in a school to learn acupuncture. I had consulted many acupuncture professionals about which school to enrol in and finally chose a school in the Takadanobaba district of Tokyo.The school is well known for an extremely tough curriculum and very hard testing. I thought to myself “this is the school for me”.

I passed the entrance examination, and in the spring of 2012, I was a professional wrestler, a head producer, and now a student. I was now juggling my professional life with school and my family.
It might sound like a tough schedule, but actually it showed me how to juggle everything in life, and it was fun too. Before I entered this new, unknown world, I was the kind of person who wanted to avoid this kind of life.
Now, my three years of schooling was to begin.

Classes were Monday to Friday, from 9am to lunch time. On days that we ran shows at Shinjuku Face or Korakuen Hall as well as training days, I was busy straight after class. When we toured the countryside of Japan, it was mainly on weekends so there was no problem there… but one week into my course, I just wanted to quit. I was so sleepy. Just so sleepy! In order to get to class on time, I had to leave my home in Hachioji at 6:30am, which meant I had to wake up at 6am at the latest.

When I was the head producer for Smash, we would stay up late at night working on things, and I would sleep in until midday. It was natural that I would be this tired in the mornings. But we as humans eventually learn to deal with and get used to things and I knew one day the tiredness in the mornings would go away.

As for the study, the knowledge needed to be an acupuncture professional was something I knew would be tough, but it was even harder than I imagined. The course focused on the detailed parts of anatomy and physiology (the fundamental curriculum) right through to neurophysiology and rehabilitation. In one year, I had to be ready to take over 10 examinations and small tests and pass every one of them.

Whenever I was riding the train, I could barely keep my eyes awake but I still kept reading my text book and on the days that I had matches, I went to school as usual waking up at 6am. I would then go to the arena for the show and this is how my life was for three years. The toughest periods of these three years were no doubt the beginning of WNC, and when I signed up to co-produce both WNC and Reina Women’s Wrestling shows. Reina had me working hard behind the scenes for them. The work load doubled as I was doing the show planning, the booking (match making), advertising, working with the video person to make the videos for the shows, ticket sales, website updating, and training the rookie wrestlers etc. I was being worked to death. Sometimes it got so busy that I was sleeping at the office.

In my school, if you were late to class three times, this transferred to one day of classes missed. If you missed too many days, you would fail and be forced to drop out. So I couldn’t afford to miss any classes.
After moving to Wrestle-1, we had a lot of shows outside Tokyo. These were mainly all on the weekends, so instead of taking the Wrestle-1 bus with everyone else, I would take the Bullet Train at my own expense after class, and arrive at each arena barely on time. I sure was walking a tightrope.

When I joined the school, I had 30 classmates. When I graduated the class had dwindled to 18, with one or two dropping out here and there over the course of three years.
At the end of last year, I passed the preliminary exam which determined whether or not I could take the final exam or not. I had met the qualifications of candidacy for the examination. Then, last month, I sat for the final exam. Finally!

I had encountered so many obstacles over my three years, especially in the last year, but I passed.
My graduation ceremony was the other day and I made sure the past three years of hard work had all been worth it.
After three years of hard work, I had confidence in my beliefs. I had already decided long ago that once my children had grown up, I wanted to leave Japan and travel the world. I was however, always asking myself questions. When I leave Japan, I won’t be a young man anymore. How can I make this happen? Then it hit me. I want to take my acupuncture abroad and I truly believe that learning acupuncture was part of my life journey. When I was younger, professional wrestling took me to a lot of countries around the world. Despite going on a different path, I will once again go abroad, but this time acupuncture will take me there. This, I believe, is my next life mission. After I started thinking this way, this belief that this will all come true started to build daily and has been life changing. It has given me so much energy.

From this spring, I will do both professional wrestling and acupuncture together. In the pursuit of knowledge, I studied from the very best and now it’s time to go out on my own.
I will also travel to a country in the western Pacific Ocean. This country has barely anyone practicing acupuncture and the plan that I have is like a picture I’ve painted in my head. I can see it all now and step by step, it’s becoming reality.

Bring on spring!

【2月13日 WRESTLE-1 後楽園ホール大会決定分カード】

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2015年2月2日 8:02 PM
  • W-1

B81W3JgCUAA8-oZ

▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負

【初代王者組】カズ・ハヤシ&近藤修司vs【挑戦者組】田中稔&吉岡世起

※初代王者組・カズ・ハヤシ&近藤修司組、5度目の防衛戦。

▼KASSENスペシャルシングルマッチ~WRESTLE-1vsZERO1対抗戦~

KAIvs田中将斗

▼WRESTLE-1vsDESPERADO 6人タッグマッチ

中之上靖文&児玉裕輔&稲葉大樹vsグレート・ムタ&河野真幸&TAJIRI

▼シングルマッチ

熊ゴローvs芦野祥太郎

※両選手とも当日がデビュー戦となります。

―大会概要―

【大会名】

「WRESTLE-1 TOUR 2015 WEST SIDE STORY」東京・後楽園ホール大会

【日時】

2015年2月13日(金) 18時30分試合開始/17時30分開場

【場所】

東京・後楽園ホール

《チケット販売情報》

【席種】

特別リングサイド¥7,000

リングサイド¥5,000

指定席¥4,000

※当日のみ一般立見¥2,500、小中学生立見¥1,000を販売致します。

【チケット販売所】

・チケットぴあ(Pコード:594-330)TEL:0570-02-9999

・電子チケットぴあ http://pia.jp/t(PC、モバイル共通)

・ローソンチケット(Lコード:35197)TEL:0570-084-003

・イープラス http://eplus.jp/

・後楽園ホール5階事務所 TEL:03-5800-9999

・書泉グランデ TEL:03-3295-0011

・書泉ブックタワー TEL:03-5296-0051

・チャンピオン TEL:03-3221-6237

・㈱GENスポーツエンターテインメント 03-5937-1515

皆様のご来場、お待ちしております!

今週金曜日、WRESTLE-1後楽園大会全カード

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2015年1月25日 7:19 PM
  • W-1

20150122_teYeB3NF

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負

【王者】武藤敬司 vs 【挑戦者】征矢 学

▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負

【初代王者組】カズ・ハヤシ&近藤修司 vs 【挑戦者組】KAZMA SAKAMTO&土肥孝司

▼KAI vs 河野真幸

▼船木誠勝&黒潮“イケメン二郎”vs鈴木秀樹&小幡優作

▼稲葉大樹 vs 田中将斗

▼田中 稔&吉岡世起 vs 中之上靖文&児玉裕輔

▼大和ヒロシ vs TAJIRI

▼浜 亮太&AKIRA&藤原ライオン&エル・イホ・デル・パンテーラ vs NOSAWA論外&MAZADA&アンディ・ウー&村瀬広樹

【大会名】

「WRESTLE-1 SUNRISE TOUR 2015~New Year Fight~」東京・後楽園ホール大会

【日時】

2015年1月30日(金)18時30分 試合開始/17時30分 開場

【場所】

東京・後楽園ホール

《チケット販売情報》

【席種】

・特別リングサイド:¥7,000

・リングサイド:¥5,000

・指定席:¥4,000

※当日のみ一般立見¥2,500、小中学生立見¥1,000を販売致します。

【チケット販売所】

・チケットぴあ(Pコード:594-330)TEL:0570-02-9999

・電子チケットぴあ http://pia.jp/t(PC、モバイル共通)

・ローソンチケット(Lコード:35194)TEL:0570-084-003

・イープラス http://eplus.jp/

・後楽園ホール5階事務所 TEL:03-5800-9999

・書泉グランデ TEL:03-3295-0011

・書泉ブックタワー TEL:03-5296-0051

・チャンピオン TEL:03-3221-6237

・(株)GENスポーツエンターテインメント TEL:03-5937-1515

・WRESTLE-1 Official Web SHOP http://shop.w-1.co.jp/

皆様のご来場、お待ちしております!

1/30 W-1後楽園は武藤vs征矢と246vsデスペラード!

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2015年1月19日 10:22 PM
  • W-1

1 2 3 4 5 6 288

ホーム

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る